Asia International Language Academy

学院の理念と特色

Asia International Language Academyの
開設にあたって

はじめに

 日本は古くから海外との交流が盛んで、多くの留学生が他国の政治、経済、文化などを学んできました。帰国した留学生は学んだ知識や技術を駆使して、国の発展に寄与しました。“Japan as NO.1”と言われるほどの経済大国として評価を得たのも海外で学んだ先人達の力によるところが大きかったに違いありません。現在の日本は「世界の人々からの教え」抜きにあり得なかったかもしれません。
 さて、世界は今大きな過渡期にあります。インターネット、ソーシャルメディアの普及に伴い、情報の質やスピードが変わることで、個人や社会、国の在り方さえも変化を余儀なくされています。
 そのような中、今、日本が先進国の一つとして世界に果たすべき役割のひとつが、未来を見据えた知識や技術を、アジアを始め各国に伝えることではないでしょうか。このためにも、留学生を受け入れ、教育を通じて日本の文化や経験を伝えることは大変重要なテーマです。本校で学んだ学生が、知識と技術を自国に持ち帰り、将来は世界各国の共存と繁栄に力を尽くしてくれることと期待しております。

国際医療福祉大学・高邦会グループの理念

  • 「人間中心」であること
  • 「国際性を目指す」こと
  • 「社会に開かれた」組織であること
  • 「共に生きる社会を築く」

アジア国際外語学院 5つの特色

1.独自の日本語指導によりわずか3か月で日常会話が可能
 大学や大学院に進学する学生向けのコースです。初級から初中級レベルの日本語を1年をかけてじっくりと学び、漢字を含む豊富な語彙力や基礎力をしっかりと身に付けます。特に聴解・作文などのトレーニングを十分に受けるので、ニュース番組の聞き取りはもちろん、作文においては、日本人と同じような文末の使い方、語彙の選び方などができるようになります。2年目は大学や専門学校への進学に向けて、さらに高いレベルの日本語学習に入ります。


2.経験豊かな教員がきめ細かに指導
 AILAは、日本語教育の経験豊富な教員を多数そろえています。教員全員が「直接法」の技術を取得しているため、母国語に関係なく、誰もが無理なく日本語が学べるよう指導します。学生からの質問にもきめ細かに対応しながら、会話だけでなく、日本文化、日本の社会事情、生活習慣に関しても指導します。
3.日本語を修得後は、グループの医療・福祉の専門学校・大学・大学院への進学も可能!
 AILAの母体である国際医療福祉大学・高邦会グループは、東京・福岡を中心として全国に30を超える「医療」「福祉」「教育」分野の施設を有しています。日本語を学習した後は、グループの専門学校や大学・大学院に進学し、専門的な知識や技術を修得して、日本や母国にて活躍することも可能です。
4.生活面のサポートも充実!学生寮完備!

※写真はイメージです

 経験豊かなスタッフが、学習面だけでなく生活面もサポートして、勉強に集中できる環境づくりをお手伝いします。入学後半年間は、学生全員が学生寮に入寮していただきます。初めて日本で暮らすことになる方も、安心して新生活をスタートできます。また、福岡市は、飲食店や工場などの産業が発達しているのでアルバイト先も豊富です。留学生活で困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。
5.医療福祉の総合グループだから、万が一の時にはグループ病院で受診
 留学中に万が一、病気やケガになった場合は、グループ病院である「福岡山王病院」で治療が受けられます。同院には、外国人スタッフや通訳スタッフが常駐しており安心して受診できます。